カテゴリー別アーカイブ: 土地

土地選びに迷っても出来るだけ早く決断する

土地選びに迷っても出来るだけ早く決断する
土地選びは重要な事柄ですが、中々気に入った土地が見つからない場合があります。
そういった時は焦らない事が大切ですが、中には少し焦ったほうがいい場合もあります。
それは、気に入った土地を見つけたがなぜか価格が安いという時です。
価格が安いという事は必ず何か事情があります。
立地条件も良くて周りの家も普通であるのに、格安という場合には知る事によって購入を諦めてしまうような事情がある場合があります。
しかし、周囲の人にとっては特別でも自分にとっては別に構わないと思える場合もあります。
しかし、そういう人は自分以外にもいる場合がほとんどであり、あまりにも悩みすぎていると他の人に先を越されてしまう可能性があります。
そうなれば下手をすれば一生後悔することにもなるので、決断は出来るだけ早く行う事が大切です。
必ず自分の妥協点やゆずれない点を天秤にかけて適切な土地を選ぶ事が大切です。
そして時間に余裕を持って決められるように早く動き出す事が重要です。

土地を購入する

土地を購入する
あなたの求める土地というものはどういったところでしょうか、ショッピングがしやすい商店街の近く、それとも職場が近いところ、もしくは、閑静な住宅街でしょうか。
自分が生活する上で購入する際にはいろいろと考えなければいけないものなので、しっかりと自分がどのように使いたいかということを明確にすることで、いい土地を購入することができるのです。
あなたも使用する際にいろいろと考えて、しっかりとした土地を購入することをお勧めします。
いくらいい土地を買ったとしても、あなたが使うことができないような土地ならば意味がないので、しっかりと自分にあったところを購入することをお勧めいたします。
自分にあったところを購入することができたらすむのがとてもたのしくなるはずなので、しっかりと楽しく暮らすことができるところを購入して、毎日の生活をしっかりと毎日を楽しく過ごすためにとても大切です。
ぜひとも購入してみてはいかがでしょうか。

土地を所有している方は何かしらの活用法を考えよう

土地を所有している方は何かしらの活用法を考えよう
土地というのは、大変価値の高いものです。
現在所有していてただ眠らせている状況の方がいた場合、非常にもったいないと言えるでしょう。
延々と固定資産税を払い続けるよりも、何かしらの土地活用をおこない、利益を生み出すことが望ましいです。
土地活用で真っ先に思いつくのは、アパートやマンションを建てて、家賃収入を得ることです。
定期的に安定した収入を望めますので、活用方法としては非常に魅力的です。
ただし、建築に関する費用が掛かりますし、建物の維持におけるメンテナンスも必要になってきますので、その点は留意しておく必要があります。
土地活用方法としては、その土地を駐車場にするという選択肢もあります。
こちらの場合は、アパートやマンション建築に比べ費用も必要としませんし、メンテナンスに関する労力も少ないです。
それなりの面積があって、周囲に需要があるなら検討する価値があります。
他にも方法はありますが、大事なのは、何か利益を生むような活用をおこなうことだと言う事です。

不動産の購入を考えている時の悩み

不動産の購入を考えている時の悩み
不動産を買う時というのは何よりも慎重になるものですが、いつが買いどきなのか、という事だけでも迷いますし、中古物件を買うべきか、それとも新築にすべきか、だけでもかなり迷いますよね。
それぞれにメリット・デメリットがありますが、やはり多くの方が新築の不動産を手に入れたいと思っているようです。
ですが、中には土地を目当てに安く中古の不動産を購入する方もいます。
中古物件は古くなるほど安くなりますが、その分だけ家は長持ちしませんから、実際に住むつもりで買う場合は少なくとも築年数が長すぎない物件を買うのが普通です。
中古物件に住むと最初は安く購入できますが、結局色々なところにすぐガタがきて修繕費用に莫大なお金がかかる事がほとんどです。
新築を購入するのは最初はかなりの費用がかかりますが、何もかもが新品でしかも保証がついているので、もしも壊れたりしてもしばらくは無料で直してもらえたりします。
なんといっても新築の不動産で暮らせることは精神的にも心地がいいですよね。

土地を売る事を考えていました

土地を売る事を考えていました
私はずっと土地を売ろうと考えていたのです。
私の持っている土地は田んぼのすぐ近くなのです。
だからそこに家を建てるのは難しいと思ったのです。
もっといい場所に家を建てたかったので、そのためにずっと土地を売ろうと思っていたのです。
でも簡単ではないので、ずっと考えていただけだったのです。
でも今回いい土地を見つけました。
結構広くて静かなところなのです。
そこに家を建てたいので、その土地を購入しようと思いました。
真剣に考えていたのです。
だから私の持っているあの土地を売る事にしたのです。
決意しました。
もったいないし、ずっとそのままにしておいたのです。
でもそろそろ売って現実を見ようと思ったのです。
今まで二十年間持っていた土地です。
何もせずにただ持っているだけでした。
空き地同然で、雑草だらけなのです。
そのままにしておいても仕方がないと思いました。
そしてさっぱりと売る事を決意したのです。
だからもう私の土地ではありません。

初めてのアパート暮らしで気になったこと

初めてのアパート暮らしで気になったこと
私は学校も会社も地元だったため、実家から通っていました。
夫の転勤に合わせて結婚し、その足で仙台に引越しました。
転勤は3年と決まっており、その間は会社が用意してくれたアパートで暮らすことになりました。
実家は一戸建てで田舎だったため、土地だけは広かったです。
なので地方都市でしかも庭のないアパートで生活するのはとても新鮮で、いい思い出になっています。
驚いたのが隣の生活音がよく聞こえることです。
ということはこちらの生活音もあちらに筒抜けなのかと思うとちょっと窮屈でしたね。
でも2人だったので楽しく過ごすことができました。
ただずっとアパート暮らしだと一戸建てのよさが改めてわかりました。
アパートは狭いので誰か夫の知り合いがくると私の居場所がありません。
一戸建てなら違う部屋に行くこともできますが、狭いアパートでは無理ですね。
アパートでよかったのは掃除が簡単なことです。
コンパクトなので掃除や手入れは楽でした。
高齢になったらアパートやマンションはいいかもと思いましたね。

父の週末別荘釣り生活

私の父は50代から、釣りという趣味を見つけました。
それまでの父は仕事一筋で、家庭の中ではちょっと頑固で厳しく、ちょっと距離をとってしまうような雰囲気でした。

けれど、釣りを始めて何かが変わりました。
思えば、それまで土日も仕事の接待のためにカラオケの練習をしたりと、仕事に全力投球して来たのだと思います。

子供の私が知らないいろいろな苦労や悔しい思いもあったかと、今なら思います。
仕事上のある挫折体験から、父は仕事以外に楽しめることを探し、そして釣りを始めることとなりました。

それからの行動は早く、なんと自宅の隣の県に別荘を購入しました。
その別荘は、歩いて数分の目の前の川で釣りのできる環境でした。

父は、金曜日の夜に車で出かけて、土曜日に釣りを楽しみ、そして釣った魚を燻製にして持ち帰ってきました。
その燻製を、職場の方やちょっとした知り合いに差し上げたりして、人間関係も豊かになったようです。

私の頭では考えつかないことでしたが、父はずっと自然と触れ合える環境の別荘を購入することを夢見ていたようです。
最近の穏やかな顔つきを見ていても、父親の夢が叶って良かったと心から思えます。

借り地人から土地を返してもらいたい

私は田舎に住むおじさんです。
私の祖父の時代から私の家の敷地の道路に面した部分半分が赤の他人に貸されています。

年間2万円だそうです。
そこに他人のうちがあることによって我が家は玄関まで道路から40m引っ込んだところにあるのです。

法律の細かいことまではわかりませんが、無理に賃貸契約を止めにして出ていってもらうことも出来ないようでとても困っています。
うちは豪雪地帯なので冬になると都会の人間が漫画みたいと驚くほど積もるのですが、うちはそれを最大で40m運んで道路に出して道路の消雪パイプからでる水で溶かしたり、側溝に捨てたりするのです。

この借地人が出ていけばすぐに出も取り壊してそこに屋根付きのカーポートを作って車をそこに置けば毎冬の雪かきに困惑することもないんです。
そんな折り、借地人さんは年老いた母と50代の子供との2人暮らしだったのですが、御母様が亡くなったようで、この息子さんが、そろそろ街に出て便利な暮らしをしようか迷っていると漏らしていました。

いなくなってもらっても建物取り壊した上で出ていってくれるかどうか、ちゃんと確認しようと思います。

土地は年々安くなっている

都市部の土地を除いて、自分の持っている土地は年々安くなっています。
これは景気が悪いことが影響しています。

元々土地の価格は高すぎたくらいで、景気の後退と共に値段は下がってしまうのです。
現在は適正価格になりつつあるような感じですが、暴落しているような場所もあります。

価値を知ることはとても大切で、将来的に売却する際に見ておかなければならないのです土地の価格は国土交通省が提供しているデータベースで知ることができます。
詳しい場所までは特定できませんが、この辺りは大体これくらいの金額ですという感じで表示され、ある程度の目安は知ることができます。

こうして土地の価格を知ってから、業者に売却するという感じで進めた方が無難です。
価値を知ることによって、明らかに査定が低いということも知ることができます年々安くなる土地は、景気が良くなることで上昇するかもしれません。

今は景気の回復を待ちつつ、土地の価格が維持されることを願うまでです。